歯に着色しやすい飲み物

歯に着色する飲み物はいくつかあります。これらの飲み物は、歯のエナメル質に付着し、徐々に歯を変色させる可能性があります。以下は一般的な例です:

  1. コーヒー: コーヒーにはタンニンと呼ばれる物質が含まれており、これが歯の着色を引き起こす可能性があります。
  2. 紅茶: 紅茶もまた、タンニンを含んでおり、歯に着色する可能性があります。
  3. 赤ワイン: 赤ワインにもタンニンが豊富に含まれており、歯の着色要因となります。
  4. コーラやソーダ: 炭酸飲料は酸性であり、歯のエナメル質を弱め、色素が付着しやすくなります。
  5. フルーツジュース: 特に色の濃いフルーツジュース(例:ブルーベリージュース、グレープジュース)は、歯に着色する可能性があります。
  6. ビーツジュース: ビーツに含まれる色素が歯に付着しやすく、歯を赤く染めることがあります。

これらの飲み物を摂取した後は、口をすすぐか歯を磨くなどの対策をすることで、着色を最小限に抑えることができます。

ウィジェット①(アーカイブtcd)

月を選択してください

カレンダー

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

  • カテゴリーなし

カテゴリー