マメ知識

歯が黄ばむ原因と対策

歯が黄ばむ原因と対策

「何となく最近、歯が黄ばんでいる気がする」

「写真をみたら歯が黄色かった」

など、歯の黄ばみが気になる方も多いはず。

この記事は歯の黄ばみが発生するメカニズムと対策をまとめています。

更新日:2021年11月7日
投稿者:セルフホワイトニング SHIRO


目次

①歯が黄ばむ原因
②歯が黄ばみにくくする方法
③歯の黄ばみを白くする方法

 


①歯が黄ばむ原因

歯が黄ばむ原因は大きく分けて2つ。

黄ばむ原因1.
飲食習慣によって歯の表面にステイン(汚れ)が溜まっている

黄ばむ原因2.
加齢によって歯の内部が透けて見える

の2つが主な理由です。
それぞれを詳しく見てきます。

 

黄ばむ原因1.
飲食習慣によって歯の表面にステイン(汚れ)が溜まっている

そもそもステインというワードは聞きなれないかもしれません。

ステインとは唾液とポリフェノールなどが結合した汚れのことです。
ポリフェノールは赤ワイン、コーヒー、チョコレートなどに多く入っています。

ポリフェノールはは抗酸化作用が強く生活習慣病の予防に効果的です。
ただし、歯の黄ばみの原因であるステインをつくってしまいます。

ステインは歯の表面だけでなく、内部にも浸透し歯の黄ばみをとなります。

 

ちなみに、喫煙で発生するヤニはステインよりも更に汚れ度合いが強いので黄ばみが加速します。
喫煙のお供であるコーヒーとの組み合わせは要注意です。

 

黄ばむ原因2.
加齢によって歯の内部が透けて見える

歯の内部が透けるというイメージがわかないかもしれません。
まずは歯の構造から知る必要があります。

歯は白いものと思っている方も多いと思いますが、実は歯の内部は黄色いのです。

白色の表面(=エナメル質)は年齢とともに徐々に薄くなってきます。

その結果、黄色している歯の内部が透けて見えてしまい歯が黄ばんでいるように見えます。

 


②歯が黄ばみにくくする方法

黄ばみの原因がわかったので、黄ばみにくくする方法をお伝えします。

黄ばみにくくする方法1.
ステインがつかないようにする

まずはポリフェノールが多い食べ物・飲み物を可能な範囲で控えましょう。

ポロフェノールの多い飲み物です。

赤ワイン・コーヒーは多くのポリフェノールが含まれているので飲食後は早めにうがいをしていきましょう。

うがいなら外出先でも簡単にできると思います。

黄ばみにくくする方法2.
エナメル質を強化する

表面のエナメルに近い成分が入った歯磨き粉で歯磨きをしましょう。

パッケージの裏側にヒドロキシアパタイトやPEGという成分が入っているモノがおススメです。

 


③歯の黄ばみを白くする方法

歯の黄ばみを白くするには大きく2パターンあります。

白くする方法1.
ホワイトニングする

素早く歯を白くするには、歯科医院やホワイトニングサロンでホワイトニングが効果的です。
ホワイトニング方法を大きくわけて3種類あります。
・ホームホワイトニング
・オフィスホワイトニング
・セルフホワイトニング

3つの特徴や料金などの違いはこちらをご確認ください。
ホワイトニング比較 >>

白くする方法2.
自宅でホームケアする

ホワイトニングよりは効果は少なくなりますが、費用が安くできます。

ホームケアグッズをわかりすくまとめた記事はこちらを確認ください。
ホームケアグッズ比較 >>

 


以上、歯の黄ばみについてまとめています。
黄ばみが気になった場合はホワイトニングがおススメです。
スピーディーに白さを実感できると思います!

ウィジェット①(アーカイブtcd)

月を選択してください

カレンダー

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

  • カテゴリーなし

カテゴリー